あくびコミュニケーションズ批判サイトが批判内容を修正!修正内容を比較


あくびコミュニケーションズ」と検索した時に上位に表示されるサイト「かーまとーる」について

あくびコミュニケーションズ批判サイトが批判内容を修正

このサイトは頻繁に更新しているし、コメント欄の書き込みが続いています。
その事も「常に上位にいる」要因だと思いますが、徐々に内容が変わっている事に気づきました。
本文中では「2017/6/24追記」と書いてありますが、上部の表示を見ると
2018年3月6日時点での最終更新は「2018年2月25日」です。

下記について、いつ修正したのかは分かりませんが、最初の記事公開当時と比べて大幅に本文をが修正されています。
その部分を解説します。

あくびネットを批判を目的とする記事ではない

①全体的に優しい論調に
下記のように、明らかに表現、論調が優しい感じに変わりました。

「※あくびネットを批判を目的とする記事ではありません。
良い例悪い例を挙げながら、正しい光コラボの知識を得て欲しい。」

「光コラボ各社の誘いは多少強引かも知れないですが、
我々も情報不足である事は間違いない。」

「以前よりも勧誘は緩やかに?」

上記のコメントは、アーカイブサイトを見る限り、2017年6月26日の記事にはありません。
https://web.archive.org/web/20170626091200/http://ka-mato-ru.sub.jp/top/?p=11594

【修正後】2018年3月6日

【修正前】2017年6月26日

あくびネットで良かった人の声

②「あくびネットで良かった人の声」を記載
新しい修正の最も大きな点は、初めて「あくびコミュニケーションズあくびネット)に好意的な意見」
も記載したことです。その代表的な例がこちらです。

あくびネットで良かった人の声

あくびの契約をしたあとに、
今のネット回線が解約されるとわかったので慌てて解約を求めました。
その時に嫌な顔せずに「クーリングオフの説明とお詫び」をしてくれました。
とても良い方だったので、次回はあくびと契約します。

「インターネット、光、電話料金」と細かく説明してくれた。
「3年契約で更新」というのも教えてくれたので
安くなるのであれば入ろうと思います。

行政指導があった事で、悪い情報が先行していますが
ネット接続を丁寧に手伝ってくれたり
対応してくれる場合があることがわかりました。
やはり、契約内容を明確に伝えると
お客側も安心し、契約後に揉める事がなくなります。

と、「良い面」も初めて書きました。

上記のコメントは、アーカイブサイトを見る限り、2017年6月26日の記事にはありません。
https://web.archive.org/web/20170626091200/http://ka-mato-ru.sub.jp/top/?p=11594

【修正後】2018年3月6日

【修正前】2017年6月26日

勿論、「あくびネットに不安を持つ方の声」もあり、そちらのほうが多く記載されています。

あくびネットに不満をもつ方の声」には、ツイッターを埋め込みしているのに対して
あくびネットで良かった人の声」ではなぜか文章のみを抜粋しているのであえて書き足したかもしれません。
逆に言えば、そこまでして「良い方の口コミを書いた」という事です。

コメント欄で苦言

③コメント欄で苦言が書かれるようになった
このような変化についてコメント欄で最近、批判以外のコメントが投稿されている事が関係しているかもしれません。

あくびとNEXTBBはまったく関係ない会社ですよ。
ちゃんと調べてから記事にするべきだと思います。

なぜ知らない急にかかってきた電話を取り、契約まで至るのでしょうか

契約しようと思った方はなぜ事前に調べようとしなかったのでしょうか
情報弱者だと思います

こういうものがありました。
上記のコメントは、アーカイブサイトを見る限り、2017年6月26日の記事にはありません。
https://web.archive.org/web/20170626091200/http://ka-mato-ru.sub.jp/top/?p=11594
勿論私は書いておりませんし、一方的な擁護ではないのであくびコミュニケーションズの関係者の方でもないように思えます。

もしくはこちらの情報サイトで書いてある「かーまとーる」についてのコメントを読んだのかもしれません。

あくびコミュニケーションズ社長「遠山和久」のクチコミ情報・評判

あくびコミュニケーションズを悪質な企業と決めつけ、あくびコミュニケーションズに不満のある人々の正義の味方を気取りつつ広告収入を狙っている。」

あくび光(あくびコミュニケーションズ)の評判・口コミまとめ

「そして記事の中ではあくびコミュニケーションズを「悪徳業者」と決めつけているようだ。 勿論書いてあることの真偽は不明だが、かなり偏った見方で書かれている記事である事は間違いない。」

この2つのサイトも「あくびコミュニケーションズ」で10位くらいに表示されるので
管理人が見たかもしれません。
そしてこのような批判を受けて記事の内容を修正した、という可能性も無いとは言えません。

その他修正箇所

こちらの部分も、修正後は大幅に加筆されています。

【修正後】2018年3月6日
【修正前】2017年6月26日
【修正後】2018年3月6日

【修正前】2017年6月26日
【修正後】2018年3月6日

【修正前】2017年6月26日

修正後の記事を読んだ印象では
「私は公平な目線から見ていますよ~あくまで皆さんの味方ですよ~」
という強調をしているように感じました。
客観的に見れば、ようやくちゃんとして普通の記事になったと思いました。
それほど、最初の記事は「あくびコミュニケーションズへの怒り」のようなものが強い記事でした。

なぜこのように修正されたか、実際の所は分かりませんが、順位は変わらなくても
あくびコミュニケーションズへの悪いイメージ」
は少し減ると思います。

ただ、タイトル「あくびネットの被害を訴える人が急増中」
この部分は変えていないんですよね。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする