「あくび光」コラム・・インターネットの進化/MVMOについて

パソコンの進化

あくび光スタッフの雑談です。

インターネットの進化というものは物凄く早いですよね。
インターネットは普及したのは家庭用OS「ウィンドウズ95」からではないかと私は認識しています。
ということは1995年ですよね。
そこから今年で22年。
ですがこの22年で物凄く便利な世の中になりましたね。
いろいろな事がありすぎて書ききれませんが、やはりパソコンの進化が一番凄いですよね。
今の世の中では物凄くスペックの低いパソコンが20万円以上もしていました。
それと「フロッピーディスク」というものがありましたね。
当時はフロッピーディスクに書類などのデータを保存していたり、再インストールやセットアップにフロッピーが必要だったりしていましたね。
そこからわずか5年くらいでどんどんパソコンの性能は上がりました。
そして、値段もどんどん安くなり、家庭にもどんどん普及していきました。
今思い出せば「ウィンドウズ95」の大フィーバーが懐かしいですね。

MVMOについて・・・MVMOとは?

インターネット通信関連のニュースでは「MVMO」という言葉がよく出ますよね。
「MVMO」とは、「仮想移動体通信事業者」というものの英語「Mobile Virtual Network Operator」の略のことです。
それが「MVMO」となっています。
読み方は「エムブイエヌオー」と読みます。

例えば
「あくびモバイル」というサービスを提供している「あくびコミュニケーションズ」が「MVMO」ということです。
「MVNO事業者」なんていう呼ばれ方をしています。
「格安SIM」を販売しているという意味にもなり、こちらのほうが一般的に呼ばれていますね。
携帯電話の会社、「ドコモ」や「au」などの通信インフラを借りる事が出来るため、格安のサービスをユーザーに提供することが可能となっています。
格安でしかも、「ドコモ」や「au」などの通信インフラを使用しているので品質は高いままで、それが人気となっています。