ロシア政府が北方領土の光回線計画前倒しに!

ロシア政府が北方領土の光回線計画前倒しに!

ロシア政府が、北方領土に光回線(光ファイバー)をひくいう計画を前倒しにした事が明らかになりました。
これにより、以前の計画では再来年(2019年)じゅうの予定だったものが来年末(2018年末)に光回線の工事が完成させるスケジュールとなりました。
この計画は全長約940キロの光回線をしくもので、完成すればサハリンのユジノサハリンスク(豊原)から択捉島の紗那(クリリスク)、国後島の古釜布(ユジノクリリスク)、色丹島の穴澗(クラボザボツク)に光回線がひかれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする